スクリーンショット 2013-05-14 20.37.28

エーテルスイミングスクール第三回 「音の海を泳ぐ」

  • Date: 2011 .04/16
  • Place: 東京造形大学

音の海を泳ぐ from Leiruharant on Vimeo.

「音の海」の最初の実験。
集団でのインタラクションによる環境の進化の実験を受講者とともに行った。
受講者に短い音を採取(レコーディング)してもらった後、プログラム上の空間にその音源を配置し、それと対応する実空間(複数台のセンサー で囲んだ空間)の中で受講者が動きまわることによって、採取してきた音の組合せを進化させた。
動きに呼応して進化するこのシステム『音の海』では、人間とシステムの関係は単純なインタラクションに留まらず、予測不能で多様な音の響きの変化をつくり出していく。

実験結果
サウンドファイルをランダムに大量に放出した場合、人気のある音(人に意識的・無意識的にかわいがられた音)の近くにその他のサウンドファイルが集合していき、新たな音像を形成するなど予想していなかった動きがでた。

主催 ペンと点 (東京造形大学 CSLAB)