saho

W.I.P. 形と暴力が私をパレードする Vol.2 Workshop

  • Date: 2012 .11/27 - 28
  • Place: 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

Work in Progress  Vol.2 Workshop


*videoの中の音はすべて、ワークショップでの、音の海と人のインタラクション(Day1)によって生成されたもの。

 Facilitator
大谷能生 河村美雪

Subject
作品へむけたパフォーマーと『音の海』の関わり方を探る実験。人の思いのままにならない『音の海』が発する音や言葉と、生身の人間の動き、声、言葉がセッションすることで、やがて音楽や 歌や物語といった「世界観」が空間に形成され、姿を現す過程に迫る。

Workshop participants : Actor , Dancer, Voice performer
a 体を使ってシステムとセッションし、空間を組み替える。
b. 言葉(又は歌)でシステムとセッションし、空間を組み替える。

Day 1
音の海:音楽の断片を中心にデザイン。
パフォーマー:音の海の中で物を動かして音空間を変化させ、育てた。

Day 2
音の海:人の声(朗読)を中心にデザイン。
パフォーマー:シチュエーションのみ与えられて、即興でエチュードをつくった。


(Day2)

共催:横浜港大さん橋国際客船ターミナル、音の海プロジェクトチーム 協賛:株式会社Phybbit
協力:CSLAB ( 東京造形大学)、東京工芸大学大海研究室、東京大学池上研究室、早稲田大学・菊池研究室 (実験段階 音声協力)、原游(実験段階 原画協力)
企画運営:音の海プロジェクトチーム
Photo by Asaco SUZUKI